カートの中身
お客様の声
研修生募集
見学会・体験会募集
セミナーハウス槐
メディア掲載

ホーム > 作物

古代米のご案内

穀物

古代赤米 中短粒種ウルチ米

霜の降りる頃淡江色にいろづく美しいあづき色のお米です。黒米に比べるとかためですが、白米と炊き合わせてもお赤飯の小豆のようでおいしいです。玄米と炊き合わせるのも適しています。
アトピー、アレルギーのあるかた、ガンとたたかうかたなどには、赤米100%で召し上がる方も多く、毎年品切れになる時期も早いです。作付面積を増やせば需要に応えられるのですが、原種に近いため、稲丈がたかく、倒伏しやすいため増やせないでいます。女性や冷え性の方におすすめです。

     

朱赤モチ米 中短粒種モチ米

赤いノゲが美しい稲で赤米としては大変めずらしいもち種です。小粒ながら鮮やかな朱色は、炊き上げたとき、類のない美しさです。上手に炊くとこれほどおいしい米はないと絶賛される方が多いのですが、残念ながら芯白部が硬いため白米と炊き合わせるのは無理があります。玄米食の方におすすめします。ただし、発芽させれば白米と炊き合わせることが出来ます。発芽玄米器をお持ちの方は一度お試しください。

発芽玄米器について

発芽玄米とは玄米をわずかに発芽させたもの、そうすることで玄米がやわらかく、甘くなって食べやすくなります。 玄米が発芽するときに、アミノ酸が多く増え、とくに脳の血流を改善し、酸素の供給量を増加させます。 また脳代謝を亢進する効果を持つ有効成分γ・アミノ酪酸(ギャバ)が白米の5倍、玄米の約3倍に増加します。 ギャバは特に血圧を下げる作用があることで知られるほか、神経の鎮静や肝機能改善作用、中性脂肪の増加を抑制するなどの効果が確認されています。

発芽玄米の作り方
●作り方

底の平らな鍋などにたっぷりぬるま湯を用意し、ざるに入れた玄米をしずめます。 温度が下がらぬように保温するか、途中で差し湯するなどして、おおよそ30度くらいの水温を22~24時間維持します。 胚芽の部分に白く角のような部分がでてくれば発芽が始まっています。発芽が確認できたらできあがりです。 ざるを引き上げ玄米を水洗いします。すぐに使うときは白米と同じ水加減で炊いてください。 発芽が始まった玄米は起きだして活動をしているナマモノです。放置しておけば育つか腐るかになってしまいます。 すぐに使わないときは必ず冷凍庫で保管してください。

●保温の工夫

発泡スチロールの箱(ふた付き)の底にホカロンなどをしきます。直接鍋を置くと温度が上がりすぎますから、タオルを何枚かにおってしきます。 その上に玄米を浸した鍋を起き、ふたをして24時間程度おきます。ヨーグルター、シャトルシェフ、保温専用のポットなどご家庭の道具でも工夫してみて下さい。 発芽に適した温度は雑菌が繁殖しやすい温度でもあります。ご自分で作るときは途中で水を換える、銅製品を活用するなど、衛生管理には気をつけてください。

古代黒米 インディカ種モチ米【伝説の出世米】 

紀元前中国、漢の時代に探検家である張騫(ちょうけん)が神様のお告げで発見、時の皇帝に献上したことで出世したという伝説があり、縁起の良い「出世米」として中国歴代皇帝に愛用されてきました。その高い栄養価から造血米、長寿米等の異名を数多く持つ、希少なお米です。玄米はもちろん白米と炊き合わせることもできます。お米の色は赤ワインやチョコレートで有名なポリフェノールの一種、アントシアニンです。古代黒米は原種の特徴を強く持つ異形の稲で非常に栽培が難しいのですが、原種ゆえの生命力に魅了され、農園では毎年作り続けています。
長い歴史を生き抜いてきただけあって気候の変動には鋭く反応し、豊作もない代わりに凶作ということもありません。そのせいでしょうか。昨今の猛暑のためか色が出ず、かつてのような漆黒のお米ではなくなってしまいました。暑さに対応して生き残ろうとする原種ならではの変化でしょうが、かつての古代黒米ファンには物足りない仕上がりかと思います。農園のもう一つの黒米である「紫黒もち米」では安定して漆黒の美しい色が出ておりますので、より色の良い黒米をご希望の方はこちらをお選びください。

     

紫黒モチ米 ジャポニカ種モチ米

黒真珠のような漆黒の輝きをもつ美しいお米です。サッパリとしてくせがなく、誰にでも好かれます。いつものお米に合わせて炊き上げれば、美しい薔薇色に色づき、大変美味しくなります。白米に合わせることはもちろん、糠層をしっかりともっていますので、玄米食にも適している上質の黒米です。お米の色は古代黒米と同じく、有名なポリフェノールの一種、アントシアニンで、体の酸化を防ぐことで知られています。
お米の品種は「朝紫」ですが群馬県の指定推奨品種に登録されていないため品種名を商品に表示することができません。農園では紫黒もち米という商品名でご案内しています。

   

彩穀

古代赤米、古代黒米、朱赤もち米、紫黒もち米、緑米、もちあわ、もちきび、ひえ、タカキビ、押し麦、コシヒカリ、低アミロース米、押し麦等13種類の穀物をブレンドしました。ぼそつきやすい雑穀をおいしく食べるために主としてもち系の穀物を選びました。消化吸収の早さが穀物によって差がありますし、栄養価も豊富ですから健康管理のためだけではなく、美容のために召し上がる方が多いのも特徴です。

     

低アミロース米

モチとウルチの中間品種。粘りがありさめても硬くならない玄米食向きの良食味米です。
コシヒカリなどの白米に玄米のまま加えても違和感がないので、これから玄米食を始めようという方や玄米が苦手な方にお勧めします。いつもの白米に玄米の低アミロース舞を1割ほど混ぜてお使いいただくだけでなく、慣れるにしたがって割合を増やしていけば無理なく玄米食に移行できます。玄米食の方もいつもの玄米に2割ほど混ぜるとさめてもおいしくいただけます。また精白した低アミロース米を食味の落ちたお米に2~3割加えるとおいしく食べられます。
低アミロース米は倒伏しやすいため放射線照射などの不自然な手法で作られた改良品種が主流で有機栽培は希少です。当農園の低アミロース米は自然交配でつくられた群馬の名品サワピカリを、一切の農薬化学肥料を使うことなく有機栽培しています。

     

緑米/あくねもち

稲穂は黒く、葉の色も濃いので外見は黒米のようですが、米は黒くなりません。早めに収穫すると美しい緑色ですが登熟がすすむと緑がかったクリーム色になります。
玄米での販売は緑米、白米でのご案内はあくねもちとなっていますが同じ品種です。 
【緑米】たいへん甘くて粘りがあり、おいしいお米です。ご飯に色を付けたくないときには低アミロース米同様に緑米をお使いください。たくさん入れると玄米の黄金色は目立ちますが味は抜群です。これまで彩穀にブレンドしてきたものですが栽培量を増やしましたので2005年から単品売りを開始しました。
【あくねもち】精米するとややアイボリーかかったもち米になります。おもちにつくと柔らかくて固くなりにくく、羽二重もちのようです。もち米が欲しいという声にお答えして、はじめて精米して販売します。収量の少ない希少な品種ですので普通のもち米なみの価格では引き合わないのですが、今年は試験販売ですので特別価格でご案内しています。予定数量に達し次第販売は打ち切りになります。

     

丸麦

農園産有機大麦を原料として日本で唯一有機認証の加工ラインを有する永倉精麦で外皮を取り除きました。日本で唯一の有機丸麦(有機大麦使用)です。販売窓口は古代米浦部農園のみで他では入手できません。
麦ご飯の他、リゾットに、ミネステローネに、ボイルしてサラダに、パンやクッキー生地に練り込むなど多様な用途にお使い頂けます。イタリア料理では欠かせない食材といわれますが、これまで日本で入手できないためイタリアからボイルしたものが輸入されています。大麦は便秘防止や美肌効果の他、心疾患防止にも効果がある事がわかっています。
押し麦・丸麦・大麦珈琲など、楽しみながらもっと大麦を食べましょう。

   

押麦

有機大麦国内生産シェア80%当農園と、日本で唯一有機押し麦加工のJAS認証を取得している永倉精麦が協力して販売が実現しました。
国産・有機を求めるお客様のニーズに応える唯一の押し麦(有機大麦使用)です。販売窓口は古代米浦部農園のみです。他では入手できません

   

大麦珈琲オリゾ

農園産有機大麦を遠赤外線でじっくりと焙煎しました。香ばしく甘みのあるおいしい穀物珈琲です。ノンカフェインですから乳幼児や妊産婦の方、胃腸の弱い方でも大丈夫。夜遅く飲んでも眠れなくなったりはしません。大麦珈琲オルゾには穀物繊維とビタミン類が豊富に含まれます。飲みながら大麦の力を取り込みましょう。心疾患予防、便秘防止に効果有り。胃腸の調子が悪いときには粒のまま召し上がって下さい。調子を整えてくれます。イタリアでは昔から珈琲といえばオルゾといわれるほど愛されてきた国民的飲料、今でも一番飲まれている珈琲は大麦珈琲のオルゾです。

 

玄米珈琲オリザ


農園産有機玄米を遠赤外線でじっくりと焙煎しました。香ばしく甘みのある美味しい穀物珈琲です。ノンカフェインですから乳幼児や妊産婦の方、胃腸の弱い方でも大丈夫。夜遅く飲んでも眠れなくなったりはしません。玄米珈琲オリザには玄米の栄養素がまるごと含まれており、美容や健康のために飲む方も多いです。玄米を焙煎して陽性化していますので、アトピー、アレルギー等の陰性症状のある方、冷え性の方にもおすすめ。手軽に始められる、飲む玄米食です。

 
 

★ 大麦珈琲オルゾ、玄米珈琲オリザのおいしい使い方
1. 粒状の珈琲をそのまま水に入れて抽出します。
2. 3時間ほど待ち、珈琲色になったら茶漉しでこして、温めてお飲みください。

 分量は珈琲カップ一杯に約5g、500mlペットボトルなら約10g、ティースプーン2杯ほどです

 寝る前に500mlペットボトル等に入れておけば、朝は温めて飲むだけで簡単!

 お急ぎのときは粒のまま水から煮出してもOK。ただし、水出しのほうが苦味なくおいしくできますので、水出しの方がおすすめです。

 出し殻はごはんに混ぜて炊き込んだり、植木鉢の土に混ぜたり、乾燥させて消臭元などにも利用できます!

 飲むほかにカレーに入れたり、ご飯に炊き込んだりしてもこくが出て美味しい!お料理の様々な場面でお使いいただけます。 

発酵・加工品

Madam Oryza (古代赤米酒、古代黒米酒)

有機古代米を100%使い、専用のタンク、道具を使用し、 余分な手をいっさい加えないで、玄米から、しこみました。 色もお米の色そのままにできました。 味はお米のワインともいいたいフルーティですっきりした ものになりました。一回にしこむのは限定200セットのみです。 まさに百薬の長にふさわしいお酒です。 嗜好品というより健康のために毎日すこしづつお楽しみください。 古代米在庫逼迫のため今後作る見通しは立ちません。 幻の酒になりそうです。 (oryza とは稲の学名です。)

粉について

無農薬有機栽培の浦部農園のお米や雑穀は一番品質のいいものをお届けするために、籾すり調整のとき、もっとも厳しい目盛りで選別しています。そのため質のよい等外米がたくさんでてしまいます。そうしたお米を粉に挽きました。古代米粉は玄米をそのまま、小麦粉は丸麦をそのまま挽いています。そのため市販の上新粉や白玉粉、小麦粉等とは、見た目の色合いや舌ざわりなどや、使い勝手も違います。注文を受けてから挽くことが多いので、余裕をみて発注してください。粉は劣化が早いです。使い切る量でご注文ください。しっかり口を閉じて冷暗所へ保管ください。 現在人手不足のため粉の販売は中止しています。スタッフが増えたら再開しますのでご了承下さい。

贈答品承り中

贈答品専用商品を発売中!商品はこちら